京姬匠 春季限定720ml

产品分类 / 製品の分類

产品规格 製品の規格

食品名称:(春天限定)匠 大吟醸一番榨原酒

原产地: 日本秋田县

配料:水、大米(日本产)、米曲(日本产)、酿造酒精

规格: 720ml

酒精度: 17~18%VOL

食用方法:开盖即饮

存储方法:阴凉避光处保存

生产商: 日本小山本家酒造 日本北鹿酒造

 

清酒  是以大米与天然矿泉水为原料,日本清酒,原料只用米和水,
所以有人将它形容成:用米做成的不可思议液体。因为日本各地风土民情的不同,日本清酒也因此成为深具地方特色的代表酒。

清酒は米と天然のミネラルウォーターを原料とし、日本酒、原料は米と水だけである。
それを「米で作る不思議な液体」と言う人もいる。日本酒は日本各地の風土の違いによって、地方の特色を持つ代表酒となっています

清酒在“加热也好,冷却也好”的酒界里,是一种很珍贵的酒品,
和其他酒类相比,饮用温度从5度到60度的一个大的范围。

日本は「加熱しても、冷やしてもいい」というワイン界で。とても貴重なお酒で、他の酒類に比べて、飲料温度は5度から60度までの大きな範囲です。

京姬酒造位于日本京都的伏见区, 当地桃山丘陵涌出的地下水闻名日本国内外, 是造酒的佳地之一。酒藏于1920年开始创业, 具有近100年的历史, 当地优质的水质和使用日本国内的著名酒米山田锦品种来专门制作大吟醸以上的高级清酒。
京姬酒造利用本地优质地下涌水的资源, 使用高级酒米品种山田锦, 也根据京都地区冬天寒冷的气候条件, 精磨高级酒米山田锦成50%的精米, 然后通过「匠」的技术来精心酿造制成的大吟醸原酒。该酒是今年年初最初挤榨的「一番榨原酒」, 开瓶后可闻到大吟醸清香的果香, 入口之后会品尝到清新的原酒特有的口味。是京姬酒造送给客人在春天享受的佳肴。

京姫酒造は、日本京都市の伏見区に位置し、地元の桃山丘陵が湧出した地下水は、日本国内に知られ、酒を作る佳地の一つである。酒蔵は1920年に創業し、100年近くの歴史を持つ。地元の良質な水質と、日本国内の有名酒米山田錦種を使って大吟醸以上の高級清酒を作っています。
京姫酒造は、地元の良質な地下水を利用した資源で、高級酒米種の山田錦を使って、京都市の冬の気候条件によって、高級酒米山田錦成50 %の精米を使っています。
「匠」の技術で造作した大吟醸原酒。この酒は、今年初めに最初に搾取された「1番搾りの原酒」で、瓶を開けた後に大吟醸清香の香りを嗅ぎ、入り口に入ってから品が出る新鮮なお酒特有の味を味わう。京姫酒造がお客さんに春に楽しむ料理です。

“好米出好酒”北秋田优选上好米酿造清酒,其富含淀粉、蛋白质少、质软,酒曲菌易进入米心,从而酿出香浓的口感。

「好米出酒」北秋田は好米で日本酒を醸造し、デンプン、たんぱく質の少ない、軟らかい、酒曲菌は米心に入りやすい。

饮用建议

1、冷酒喝法 酒飲み法

与喝啤酒等一样,喝冷酒时7度到10度为最宜温度。把它放在酒罐或冰箱里面冷藏,便可轻松享用到美味的冷酒了。
还有根据制作酒的材质不同,在10度到15度饮用时,也不会因为冷却过度而感觉乏味的。

ビールなどと同じように、冷たい酒を飲むときには、7度から10度まで、最も良い温度になります。
お酒の缶や冷蔵庫の中で冷やして、おいしい冷たい酒を楽しむことができます。
また、お酒を作る素材によって、10度から15度にかけて飲むときには、
冷却のあまりにも味気ないということもありません。

2、热酒喝法 酒飲み法

常温的酒在40~60℃之间加热,都可称为“爛酒”,50℃C左右被叫做“熱爛”,
40℃左右为“める爛”,中间的45℃左右被称为“適爛(上爛)

常温のお酒は40~60℃の間に加熱すると、すべて「腐った酒」、50℃Cぐらいは「熱悪」と呼ばれています。
40℃ぐらいは「める」で、中間の45℃ぐらいは「適格」と呼ばれています。

3、常温喝法 酒飲み法

常温喝酒又被称为“ひや”,却不是和室温相同的温度,夏天稍微冷一点,
冬天稍微热一点,大概15~20℃左右的温度是“ひや的饮用温度。
能够知道清酒原来的味道,一直被好酒者喜爱。

常温でお酒を飲むのは「ひや」とも言われますが、室温と同じ温度ではなく、夏は少し寒くて、
冬はちょっと暑くて、たぶん15~20℃ぐらいの温度は「ひやの飲み温度」です。
お酒の本来の味を知ることができ、お酒に愛されています。

4、加冰喝法 酒飲み法

加冰 ON THE ROCK 就是向冷却的玻璃杯中加入巨大的冰块,
再注入很冰的清酒,为了避免冰块溶解,注入(50-60ml)就可以了。

氷ON THE ROCKは、冷却グラスに大きな氷を加えた。
さらに氷を注いだ清酒は、氷の溶解を避けるために(50 mm)を注入することができます。