赤味噌(调味酱)

产品分类 / 製品の分類

产品规格 製品の規格

食品名称:赤味噌(调味酱)

规格:1kg

原料与辅料:大豆(非转基因)、水、大米、食用盐、食用酒精

质量等级:一级

贮藏方法:避免高温、阳光直射

保质期:12个月

生产日期:见包装

产品标准号:Q/HYN00025

食品生产许可证编号:SC11533040000986

产地:浙江省嘉兴市

营养成分表 栄養の成分表

 

日本味噌汤是和韩国大酱汤齐名的经典料理,是日本料理必不可少的佐餐汤类,味道浓郁鲜美。
味噌就是黄豆做出的酱,做出来的汤都是奶白偏黄色的。 味道比较浓郁,也很鲜,一般可以跟海鲜一起煮汤,味道非常鲜美。
走在日本的街头,无论多晚,都能从街边的日式餐馆里,喝到最暖心的味噌汤。一碗味噌汤,清澈见底,只有细碎的葱花漂浮在汤面上。看似这么寡淡,用勺子轻轻一舀,汤底马上如婉转的河流般围绕上来。

日本のみそ汁は韓国のみそ汁と並ぶ定番料理で、日本料理には欠かせない料理のスープ類です。
味噌は、黄豆が作った味噌で、作ったスープは全部白く黄色になっています。味は比較的に濃厚で、またとても新鮮で、一般的に海鮮と一緒にスープを煮て、味はとても美しいです。
日本の街を歩くと、どんなに遅くても、街の日本式レストランから、一番暖かいお味噌汁を飲むことができます。1杯のみそ汁、澄んでいて底を見て、細々とした青々の花だけがスープの上に漂っています。

味噌的用途相当广泛,可依个人喜好将不种类的味噌混拌,运用各式料理中;除了台湾人最熟悉的味噌汤外,举凡腌渍小菜、凉拌菜的淋酱、火锅汤底、各式烧烤及炖煮料理等,处处都可见到味噌活跃的踪迹。由于味噌不耐久煮,所以煮汤时通常最后才加入味噌,略煮一下便要熄火,以免味噌的香气流失;若用味噌炖煮食物,可分两次加入味噌,先将2/3的味噌融入煮汁中使食材入味,起锅前再加入其余的味噌提香。

あまりにも薄めのように見えるが、スプーンで軽くすくい、湯底は婉曲な川のように囲まれている。
お味噌汁の用途はかなり広く、個人の好みでは種類のない味噌を混ぜ、それぞれの料理に使います。台湾人のおなじみのみそ汁のほか、おかずや和え物のようなものがあります味噌、鍋スープの底、焼き物や煮物など、味噌の活躍を見ることができる。味噌は耐久的に煮えないので、スープを煮るときは通常、味噌を入れて煮ます。
水を消すことで、味噌の香りが失わないようにしましょう。味噌を煮込んで食べると、味噌を2回分けて、お味噌汁を煮汁に入れて味を味わい、鍋の前に加えて加えます,味噌の香り。

味噌(みそ)是由发酵过的大豆(黄豆)制成,主要为糊状。是一种调味料,也被用作为汤底。赤色的味噌发酵时间较长,加的盐也多,味道就比较咸。
就颜色而言,可分为“赤色味噌”及“淡色味噌”两大类,味噌颜色的淡浅主要是受制曲时间的影响,制曲时间短,颜色就淡,时间拉长,颜色也就变深,“仙台味噌”是较具代表性的赤色味噌。

味噌(みそそ)は、発酵した大豆(黄豆)によって作られ、主にペースト状である。調味料で、スープの底としても使われています。赤いみそ汁発酵時間が長く、加えた塩も多く、塩辛い味がする。
色については、「赤味噌」と「薄色味噌」の2つの大きさに分けられますが、味噌の色の薄浅は主に受制曲の時間の影響、製曲時間が短く、色が薄く、時間が長く、色も深くなり、「仙台味噌」は代表的な赤味噌である。

 

食 材葱、豆腐、海带芽

制作
方法
1.葱切细末,用布包起后,再用水冲洗,以除去呛味。
2.将豆腐切小丁,泡入水中备用。
3.海带芽泡水使其膨胀,再沥干水份备用。
4.将出汁放入锅中煮开,把丸三味噌放到滤网中,将滤网浸入汤汁,用筷子搅拌使味噌溶解后,加入味醂拌匀。
5.在汤碗中放入豆腐丁、海带芽、葱末,再倒入刚刚拌好的热汤即可。味噌汤的特征是不可重复煮沸,因为味噌再温热会丧失香气,所以最好是煮好后立即享用。

食 材萝卜泡菜、拉面 、高汤 、香菇、红萝卜片、豌豆荚 、葱花、丸三味噌 、糖 、柴鱼味精、猪油、香油。

制作
方法
1.将材料分别洗净切好备用,葱切细末,高汤放入锅中加热,另备一锅沸水。
2.味噌用少许水调匀备用,高汤煮沸后即可加入味噌与其他所有调味料,并用汤勺搅匀,再依序加入香菇、红萝卜片、萝卜泡菜一起煮至入味,最後加入豌豆荚。
3.将拉面放入沸水中煮约5~6分钟,煮时以筷子捞拌使面条受热均匀,熟后捞起放入拉面碗中排好。
4.将刚刚拌好的热汤倒入碗中,再将其余材料分别排放于汤面之上,最后再撒上葱花即可。